足裏の反射区や足の甲を含め、膝から下のカ所を、眠りに落ちそうな適度な強さで刺激し、揉みほぐします。内臓機能が活性され、血行改善やホルモン、神経のバランスの調整に役立てます。

 

上半身の血流は心臓が担い、下半身の血流はふくらはぎが担っている事から

ふくらはぎは「第二の心臓」といわれています。

ふくらはぎの筋肉を揉みほぐすと、全身の血行がよくなります 。

 

特に足の疲れ、むくみには即効性があるとされています。