子宮整体・骨盤ケア

タイでは、昔からゴイトン(おなかを押す)
ヌントーン(おなかを蒸す)
といったおなかのケアを大事にしている歴史があり、さらに女性には
カオタッギアップ(お箸<※骨盤まわり>を整える)
ヌワッモッルーク(子宮を揉む)
という女性に特化したお腹周りのケアがあります
身体の不調は、女性の場合おなかまわり特に子宮のバランスが崩れているからだ!という概念があります
また、タイ伝統医学では、センと呼ばれるエネルギーライン経絡はおへそから始まっており、おへそまわりのケアをすることによって全身が整うという概念もあります
それだけ、タイではお腹の施術を大事にしているのです

健康な子宮は、体の真ん中であたたかく、ふっくら柔らか

子宮は女性の体の中心にあり、初潮を迎えてから閉経後まであらゆる年代、ライフステージにわたって女性の心身の健康と密接にかかわっています

子宮が体の真ん中で温かくふわふわであれば、女性ホルモンのバランスが整いお肌にハリとツヤがあり心身ともに元気でいられます

 

子宮はコリます

子宮は平滑筋という厚さ1㎝の筋肉でできた臓器です

子宮も、肩こり・首こりと同じように、冷え、ストレス、運動不足などが原因で知らない間にガチガチになってしまいます

冷えたガチガチ固い子宮では、血流が悪くなり、卵巣や子宮の機能を低下させてしまい、生理トラブル、不妊、婦人病の原因となります

 

子宮はズレます

近年の生活スタイルでは立ちっぱなし、座りっぱなしなど、同じ姿勢を長時間続けることが多くなりました

日常の姿勢や歩き方の癖、ストレス過多、また出産、加齢などが原因で子宮は気づかないうちにズレれていることがあります

また、子宮は骨盤の中にあり骨盤がゆがむと子宮、卵巣が本来ある位置からズレます

なぜ骨盤が歪むのか

骨盤を支える筋肉には、腸腰筋、内転筋、大腿四頭筋などがあります

これらの筋肉は長時間同じ姿勢で過ごしたり、偏った動作をしていたりすると、その位置で固まりやすくなってしまいます

そして、固まった筋肉に引っぱられて骨盤の歪みが生じることに

 

子宮整体、骨盤ケアとは

子宮と骨盤に関係のある筋肉を、ストレッチで伸ばしたり、押す、揉む、揺らすなど様々な手法でアプローチし、骨盤の歪みを調整して、女性の体の中心である子宮を本来あるべき位置へ整えます

そして、お腹へのアプローチで骨盤内、子宮への血流やエネルギーの流れを良くする事で、心身全体のバランスや女性ホルモンのバランスが整い、女性特有のお悩み(不妊、生理痛、生理不順、PMSなど)や体調不良などを改善していきます

 

ソルトポット温熱療法と組み合わせるとより効果的です 

このような方におすすめ

生理の始まった女性から閉経した女性まで、あらゆる年代の女性に受けていただけます

 

●妊活中、今後妊娠を望まれる方

●生理痛や生理不順、PMSにお悩みの方

●更年期~閉経後の不調のある方

●子宮筋腫や子宮内膜症などの予防に

 

 

妊活中、女性特有の症状を改善されたい方は、月経中(後期)から排卵日までの2週間に受けていただく事をおすすめします

低温期、高温期のリズムを体が思い出すきっかけになるとも言われています

 

子宮を摘出した方にも、全身にある子宮につながるポイントを刺激したり、本来子宮があるべき位置を刺激することで「ここに子宮があった」と身体が感じ取り女性ホルモンを分泌するといわれています

 

ソルトポット温熱療法と組み合わせるとより効果的です

 

子宮整体・骨盤ケア+ソルトポット温熱療法

90min¥8,000 120mim¥10,000